「玉川大学」不合格体験談!私立大へ入学後、国立大学へ編入しました

麻布大学(環境保健学部)に進学

落ちた大学・学部

玉川大学(農学部)

 

偏差値

受験時:60

(受験1年前:50)

 

大学受験失敗の理由

受験科目の選択ミス。

 

新卒で入社した企業・職業

製造業、研究開発職

 

大学受験時の詳細情報

現浪:現役

文理:理系

得意科目:生物

苦手科目:数学

1日の勉強時間:3時間

大学受験の体験談

私は野球部に所属していたので、本格的に受験勉強を開始したのは高校3年生の夏からでした。

他の受験生と比べると少々遅いスタートだと感じていましたので、直ぐに塾の夏季講習に申し込みました。

夏休み中は塾に缶詰めになり、必死に勉強に励みました。

9月の模試を受けた結果、数学の点数が悪かったのでセンター試験を諦め、点数の良かった生物、英語、国語に絞って受験することにしました。

また、国語に関しては現代文のみで、古文・漢文が受験科目に入る大学は断念しました。

この選択によって受験できる大学は大幅に限定されることになりましたので結果的には失敗だったように思います。

特に私は生物及び農学系の大学を希望していた為、有名な国立大学、私立大学を受験できたかったのは心残りがあります。

また、私の高校は進学校ではありませんでしたので、就職組や専門学校進学組が多く、必要以上に遊んでしまったことも第一志望校不合格の要因になってしまったように思います。

また、受験と並行して恋愛も楽しんでいましたのでそこもしっかりと割り切って受験勉強に専念すべきだったと反省しています。

一般受験の前に、推薦での受験にもトライしましたが、野球の現役中は必死に勉強していた訳ではありませんでしたので内申点が低く、不合格になってしまいました。

青春時代を部活動に費やすのも良いですが、学生の本分は勉学にあると思いますので学生の方々は参考にして頂きたいです。

受験シーズンに入ると、浪人はしたくないという気持ちから多くの私立大学を受験しました。

偏差値40程度の大学を滑り止めにして学部も農学部から文理系の学科まで幅広くトライしました。

受験するにも3万円前後の費用が掛かりますので親に負担をかけてしまい申し訳無かったと思います。

大学入学後は友人とのサークル活動やアルバイト中心の生活をしていましたが、大学3年生になって本当にやりたい職業を考えた時に現在の大学で学ぶだけでは難しいと考え、国立大学の編入学試験を実施しました。

受験科目は生物と英語、小論文、面接という内容で運良く合格することができました。

一度大学に入学すると、大学を辞めたり代えたりするのは非常に勇気が要る選択だとは思いますが、思い切って決断して良かったと思います。

その後、就職活動では志望する食品系会社の研究開発職に就くことができ、編入して良かったと感じています。

大学受験を通して様々なことを得ることができますので受験生の皆様は頑張って下さい。

 

受験生へのアドバイス

受験勉強は非常に辛いですし、模試などで結果が出ないと本当に不安になりますが、大学入学後、そして将来自分のなりたい姿をイメージしながら、それを実現できるように頑張って下さい。

未来はあなた自身で切り開くことができますし、あなた次第で大きく変わります。

頑張って下さい。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top