「成蹊大学・津田塾」不合格体験談!現役時代の失敗を活かし浪人で挽回!

東京女子大学(文理学部)に進学

落ちた大学・学部

津田塾大学(文芸学部)

成蹊大学(文学部)

 

偏差値

受験時:56

(受験1年前:44)

 

大学受験失敗の理由

情報量不足。

 

新卒で入社した企業・職業

飲食店(アルバイト)

 

大学受験時の詳細情報

現浪:浪人

文理:文系

得意科目:英語

苦手科目:世界史

1日の勉強時間:4時間

大学受験の体験談

現役の時は高校の授業を真面目に出席し、学年でもトップクラスにいました。

学校の勉強ありきという家庭で育ち、定期テストをおろそかにすることなく、定期試験対策もしっかりやっていました。

その一方で、大学受験に関する知識が不足してしまい、何をいつ勉強するべきか、基礎・応用とは何かを知らないうちに受験期を迎えることに。

高校の試験でいい点が取れているのだから、問題ないと臨んだ結果、滑り止め以外全滅状態に。

高校1年から3年までの総復習もできていないのですから当然です。

高校でいい成績を取っていた私は、知らないうちに「自分は頭がいいんだ」という錯覚に陥り、受験のことをしっかり調べませんでした。

特別進学校ではなかったため、気が付けば周囲は受験校を目指す生徒が休み始め、受験の無い生徒が教室に残っている状態。

それすらも気が付かずに、のほほんと時間をつぶしていたのです。

休みがちだった生徒はさっさと受験対策の勉強をしていたのに、気が付いたのは受験が終わった後のことでした。

対策の重要性を見抜けなかった結果です。

大失敗に終わった現役の受験を振り返り、1年の計画を練るところからスタートしました。

ここからが本当の実力となりました。

受験する大学を練り直し、オープンキャンパスでもらってきたパンフレットを机に立てかけ、やる気を向上させる環境づくりをしました。

通信も始め、月2で添削問題を提出するだけでなく、解答編の冊子に載っている、他コース(基礎クラス・特進クラス)の問題も1日1題ずつ解きました。

主に朝と午前中をフルに使い、午後は自由時間を多めに取りました。

無理に詰め込むとペースが落ちるため、自分の体調をよく考えて集中できる時間を探しました。

朝は5時半に起き、漢字と英単語など短期集中のもの、午前中は図書館に籠り、英語長文や国語、世界史など時間を要するものを解きました。

大事なのはペースを崩さないことだったので、体調が悪いから休むとか、雨だからやめようということがないように気を付けました。

過去問は3年分しか載ってなかったので、8月、10月、1月に一回ずつ解きました。

1月には3教科各80点ほど取れるくらいにはなっていました。

現役では理想の大学をランダムに選んでいましたが、浪人時代には現実的に大学を選び、受けた大学は全部合格しました。

私の受験体験は、対策の取り方にすべて原因があったと思っています。

現役で失敗した体験を浪人で生かせたことは、今の自分にとって本当にいい経験となっています。

 

受験生へのアドバイス

受験はいかに対策をするかでほぼ全てが決まると言っていいです。

対策の取り方は人それぞれですが、自分で行うのが本当は望ましいです。

それが今後の自分を作り上げることになるからです。

スケジュール管理と目標への道のりは軽視することなく、着実に行ってください。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top