偏差値33が浪人して「学習院大学」を受けるも不合格、フリーターへ

大学進学せず

落ちた大学・学部

学習院大学(法学部)

学習院大学(経済学部)

 

偏差値

受験時:55

(受験1年前:33)

 

大学受験失敗の理由

中学、高校時代の勉強不足。

 

新卒で入社した企業・職業

NTT関連会社

 

大学受験時の詳細情報

現浪:浪人

文理:文系

得意科目:世界史

苦手科目:英語

1日の自習時間:10時間

大学受験の体験談

私は中高一貫校に在学しており、中学、高校と何も勉強してきませんでした。

中学は野球、高校はサッカーに打ち込み、勉強をしたことがないくらい、勉強をしてこなかった人間です。

高校卒業間近サッカークラブを引退し、行く当てがありませんでした。

そこで大学進学を決意して勉強を始めるも、英語は文法・単語などの基礎事項を理解しておらず、世界史・国語も全くできず、一か月で受からないことを自覚…。

現役の時は、浪人を覚悟しどこの学校も受けませんでした。

そして浪人生活が四月に始まり、世界史が一番成績が伸びやすく世界史を中心にやってました。

そうすると、5月の模試で世界史の偏差値が68まで延びました。

世界史は現役時代11月からやっていたので、範囲も狭いし結構とりやすかったので取れました。

英語は一問もわからなく200点満点中20点でした。

そこからも英語の勉強をやっていたのですが、なかなか伸びませんでした。

すると先生から、「英語は単語、熟語、文法、構文ができると伸びてくる」「まずは単語を覚えろ」とアドバイスされ、単語をひたすら暗記しました。

そして夏くらいに文法の問題集をやり始め、問題集を5周しました。

そのあと、NEXTSTAGEという問題集を5周し、英文法1100という問題集を5周しました。

その結果、文法はかなり理解できるようになったのですが、長文が読めないままでした。

国語の古文は単語と文法を覚えましたが、あまり理解できず、文章を理解できなくこれも苦労しました。

世界史は近代に入ったとき、英語を中心に勉強していたので、あまり世界史に時間を割けず少し成績は下がりましたが人並み以上にできました。

受験前の12月の時、英語は長文の500文字と文1000、単語、熟語を復習し、世界史は過去問、資料集などを見て詰め込み、現代文は過去問などの文章を読み、古文は単語と、文法を復習しました。

そして、本番当日まで自分のできることをすべてやりました。

しかし、結果は不合格。

志望校の学習院には受かりませんでした。

やはり一年勉強しただけではMARCHクラスは難しかったです。

 

受験生へのアドバイス

今受験をしているみなさん。

もしくは、来年、再来年受験生のみなさんにまず伝えたいことは、勉強を毎日一時間でもいいからしてくださいということです。

特に単語、文法など基礎的なことは高3までに終わらせといたほうが良いです。

また、受験にはフライングはありません。

早めに始めるほど有利です。

僕は中学からまじめに勉強をしてこなかったことを悔いています。

あとで後悔しないためにも、今から始めてください。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top