「岡山大学」彼女→合格、俺→不合格!ストレスコントロールが大事

大阪市立大学(商学部)に進学

落ちた大学・学部

※現役

岡山大学(教育学部)

 

偏差値

受験時:60

(受験1年前:50)

 

大学受験失敗の理由

対策不足。

 

新卒で入社した企業・職業

証券会社・営業職

 

大学受験時の詳細情報

現浪:浪人

文理:文系

得意科目:英語

苦手科目:理科(化学、物理)

1日の自習時間:5時間

大学受験の体験談

私は現役で大学受験に失敗し、浪人しました。

浪人した結果、現役時代より偏差値の高い大学へ入学を決めることが出来ましたが、ここでは現役時代の失敗についてご紹介したいと思います。

私は地元では一番の進学校に通っていました。

部活はやっておらず、バンド活動をしていましたが、受験勉強をするのにそれほど影響のある活動ではなかったので、部活生よりは勉強する時間があったと思います。

現役の時に落ちた大学は、高校2年生の時にはすでに志望校として決めていた「岡山大学」でした。

夏にはオープンキャンパスに行き、キャンパスも見て学食も食べてきました。

しかし、なぜか気持ちが全く入りませんでした。

高校時代と言えば誰しも多感な時期。

僕自身、中学時代まではほぼ毎日大量の汗をかきながら部活をするスポーツマンでした。

しかし、高校で入部した陸上部で腰を痛め退部。

それから突然体を動かさなくなったためか、精神面のバランスを崩してしまっていたのです。

また、家庭の事情もあり、勉強に集中できる環境ではありませんでした。

とにかくストレスマックスでした。

高校生はちょっとしたことで色々なパフォーマンスがえらく変わります。

高校野球を見ていればわかりますよね。

とにかく多感な時期で、コンプレックスの塊でした。

そういうわけで、何をやるにおいてもパフォーマンスを出せない精神状態にありました。

そして、勉強から逃避する自分に、また自己嫌悪するという負のスパイラルに陥っていました。

しかし、センター試験の1カ月前。

初めての彼女ができました。

その彼女がたまたま同じ大学、同じ学部を目指していたことをきっかけに、1カ月間で猛烈に追い込みをかけることが出来ました。

私にとっての当時の起爆剤は「彼女」という存在でした。

そして、なんとか2次試験を受けられるまでのセンター試験の得点は得ました。

しかし、2次試験の対策は全くできていませんでした。

ここから2次試験までまた1カ月ほどありましたが、やはり記述を1カ月で身に付けることは難しく、結局、彼女は受かり私だけ落ちました。

原因は明らかに対策不足でした。

2次試験は冷や汗と闘いながらの受験でした。

それでも「なんとなく受かるのでは?」という浮ついた気持ちが、落ちた原因でもあったと思います。

浪人時代は、自分の苦手分野と向き合い、改めて基礎を固めたことで偏差値をあげることができ、さらに偏差値の高い「大阪市立大学」の合格を得ることが出来ました。

 

受験生へのアドバイス

10代は非常に多感な時期だと思います。

周りが思う以上に皆さんはいろいろなストレスを抱えていることでしょう。

是非、勉強は集中出来る環境づくりも意識してください。

集中すれば勉強というのは結構出来るもんです。

何か悩みがあれば、それに関係した本を読んでみるのも一つの手です。

是非、集中して頑張ってください!

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top