「東大落ちの京大生」が大学受験失敗の理由を語ります

京都大学(理学部)に進学

落ちた大学・学部

東京大学(理Ⅱ学部)

 

偏差値

受験時:77

(受験1年前:62)

 

大学受験失敗の理由

進路の迷いから

 

新卒で入社した企業・職業

医学関係

 

大学受験時の詳細情報

現浪:浪人

文理:理系

得意科目:数学 化学 生物

苦手科目:英語 国語

1日の自習時間:5時間

大学受験の体験談

私は、小さい頃から体が弱く中学時代など、ほとんど授業を受けてませんでした。

そのころの成績は、普通より少し劣るくらいで、英語や国語といった科目は、全然できませんでした。

国語の現代文の問いなどは、さっぱりなぜその答えになるのかといったことが、だめでした。

小説や紀行文などは、読み漁っていたのですが、文章中の一文を指摘してなぜといったことが、理屈がわかりませんでした。

英語などは、文章の読解などはよかったのですが、英訳や文法といったものが、だめでした。

高校受験は、それでも暗記力で、なんとか乗り切ったのですが、内申書が全然だめで希望した公立高校には、落ちました。

生まれてはじめての挫折と、進学することとは、無縁の高校に進学することとなり、高校入学から自分のペースで、高校2年までには、教科書程度のレベルは、終わってしまおうとほぼ独学に近い状態となりました。

数学は、高校受験の時からの塾の先生に習い、教科書の基本を格単元ごとに例題を基にしながらパターンを取得し、その後、市販の参考書で、大学受験レベルのパターンをおさえていきました。

その後、大學への数学という雑誌の問題を解きました。

ほぼ数研出版のチャート式をもとに解きまくりました。

ほぼ大學受験レベルは、高校2年までには、できるようになり高校3年には、過去問を解きまくるところまでいきました。

化学は、教科書できちんと内容を理解し基本をおさえました。

予定どおり高校2年までに、基本は押さえ、チャート式で代表的な問題を押さえました。

高校3年には、数学と同じように過去問を解きまくりました。

代表的な過去問は、習得しました。

生物や日本史、地理は、とにかく教科書を中心に内容理解と、覚えることはきちんと覚えました。

問題は、国語や英語で、中学の時のことを引きずって苦手でした。

それでも、英語や国語の文法をきちんと理解に勤め単語や熟語は、6000語近く暗記したと思います。

古文や漢文は、文法の理解と熟語の暗記で取れるようになりました。

その後、大學受験をむかえたのですが、センター試験は、どうにか数学、生物は満点、化学、地理は、8割取れたのですが、英語や国語は、平均点しかとれず2次試験は、英語や国語は、だめでした。

結局受けた大学も腕試しをかね文系理系問わずうけたものでした。

でも、どこに進学すべきか、なにになりたいのかはっきりせず浪人を決めました。

いろいろその後挫折を経験し、数学を生かしたいと思いました。

それで、決心がつき浪人中も英語、国語は、中学レベルからきちんとやり直しました。

その結果、2次試験レベルもちゃんと解けるようになり、無事合格できました。

 

受験生へのアドバイス

私は、通らなかった原因が、語学に関しては、習い始めのことがわかってなかったことだと思いました。

習い始めのこと、つまり最初がわかってないとだめです。

おろそかにしがちですがきちんと押さえてください。

それと目的を明確に、何になりたいかを決めてください。

がんばってください。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top