インフルエンザが原因で「大阪市立大学」不合格!龍谷大学へ進学

龍谷大学(法学部)に進学

落ちた大学・学部

大阪市立大学(法学部)

 

偏差値

受験時:65

(受験1年前:63)

 

大学受験失敗の理由

苦手科目の克服が間に合わなかったため

 

新卒で入社した企業・職業

はた源・オリジナル薬味の販売

 

大学受験時の詳細情報

現浪:浪人

文理:文系

得意科目:古文・日本史

苦手科目:数学・化学

1日の自習時間:6時間

大学受験の体験談

国語や日本史など文系の科目が得意で、偏差値も特定科目だけなら70以上ありました。

苦手分野が理数系というのは自覚していたのですが、補習を受けてみたり予備校に通ってみたり、色々やってみたものの一向に成績が上がらず模擬試験の手ごたえも芳しくありませんでした。

本来なら国公立にいきたかったのですが、そこで壁となるのがセンター試験で、いかに得意分野でカバーするつもりといっても、足を引っ張る科目の底上げにかかっているのは明らかでした。

その苦手科目が、少し苦手というのではなく平均以下のレベルでしたので、ギリギリまで国公立にすべきか、最初から私学の文系に絞るべきか決めかねていました。

結局どっちつかずで、第一志望を国公立にしてセンター試験の準備も継続することになりましたが、学校の先生にも基本から教わりなおすように仕切りなおしをしたこともあったものの、大改善には至らず残念な結果となりました。

2年生までは友人と漫画やゲーム・部活の話で盛り上がり、徹夜で作曲活動をすることもありました。

受験真っ只中でも友人たちと息抜きをすることもありましたが、いい友人に恵まれたのか、互いに脱線したい気持ちを諫めて今は我慢の時と、頑張れる環境にはありました。

もっと早くに苦手分野を根本的改善するための動きを始めていれば結果が変わったのかと思いもしました。

机に向かうのも嫌な勉強ギライではありませんでしたので、勉強の仕方であったり、そもそも軌道修正をしないといけない自分に受験後半どうしてよいか焦りと混乱が続き、その後悔は日に日に大きくなりました。

受験勉強自体が社会で直接役立つことは少ないかもしれませんが、未だに数的処理が苦手なので考え方や、正しい努力の仕方を身に付けておくことは大切です。

また、体調管理に関しても印象深いことがありました。

いざ受験日の直前に体調が悪くなり、時期的にもインフルエンザを疑い、早めに病院にいきました。

検査をしてもらったのですが、どうやらタイミングが早すぎたのか、そのときは陰性で病院から帰されてしまいました。

ならばとそのまま受験に臨もうとしたら試験当日に高熱がでて、這うように受験会場に行ったものの、すべり止めの学校受験に惨敗しました。

検査結果が出ないものは仕方がない面もありますが、タミフルなど事前に飲んでいれば悪化せず試験に行けたかもしれないと、親と一緒に悔やんだ記憶があります。

皆さんもインフルエンザには油断されないよう、お気をつけ下さい。

 

受験生へのアドバイス

得意分野があるけれども、同じくらい苦手分野がある方へ。

努力を怠ったわけではないと思いますので、ちょっとやそっとでは焦っても苦手分野は克服できません。

そして受験本番になると周りの皆も知識の精度を高めていきますので、どうしても比べてしまい焦りが募ります。

思い立ったその瞬間から、自分に合った勉強方法で克服に本気で向き合ってください。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top