偏差値70まで上げるも「慶應義塾大学」不合格…同志社へ進学しました

同志社大学(理工学部)に進学

落ちた大学・学部

慶應義塾大学(理工学部)

 

偏差値

受験時:70

(受験1年前:50)

 

大学受験失敗の理由

勉強時間が足らなかったから

 

新卒で入社した企業・職業

みずほフィナンシャルグループ

 

大学受験時の詳細情報

現浪:現役

文理:理系

得意科目:数学英語

苦手科目:国語

1日の自習時間:8時間

大学受験の体験談

年を明けてから勉強に集中し出したのですが、全く勉強をせず、気がつくと9月になっていました。

そこからやったのですが、夢叶わず当初の慶應義塾大学理工学部ではなく同志社大学になってしまいました。

個人的には推薦で行くのも良かったのですが、そこまで良い大学に行けない事が分かったので、それならばとセンター試験を利用させてもらい、なんとか同志社大学に合格出来ました。

慶應義塾大学は一般入試での挑戦だったので、かなり難しいかったですね。

あともう少しで合格出来たのですが、点数が足りず残念でした。

勉強方法としては、数学はノートに書き込まず、頭の中で考え、それの確認、または計算力をつけるためにノートにかきこんでいました。

次に英語ですが、こちらは書き込まずにはできなかったので単語は年明けてからずっとやっていましたし、文法も同じ年ぐらいからやりました。

化学ははっきりと言ってかなり難しいかったです。

覚える範囲が広すぎたのでかなり苦労しました。

物理も同様にかなり難しかったです。

あまり時間も余裕がなかったので、一日2.3時間程勉強し、なんとかセンター試験レベルまで持って行く事が出来ました。

僕は、はっきり言って大学入試の事がよく分かっていなかったので、とても心配でした。

この方法であっているのか、大学は様々な種類の学部とその入試制度も様々ですので、とても心配になりました。

しかし、最後は自分を信じ、行動を続けるとなんとか同志社大学には合格できたので本当に良かったです。

毎日毎日勉強ばかりしていたので、合格している今でも無性に勉強を駆り立てる衝動に襲われるので、正直もうウンザリしていて、合格しない方が良かったのではと今はそう思っています。

大学受験でやって良かったのは、僕は塾には通わずに独学で勉強したので、自分の中での時間割がきちんととできた事に僕はそれはプラスなんじゃないかと、素直に良かったと思います。

最初はとても嫌でしたが、一週間やり続けて行く内に、自分の中で習慣化されていき、そのあとの勉強はあまり苦には感じずに勉強出来たので、本当にこの力が身について良かったです。

 

受験生へのアドバイス

なるべく早く大学を決める方が良いですよ。

決まらなければヤル気も起きず、何もしない時間がただただ増えるだけなので、どこでも良いので、例えばうちの高校はこの大学に行く人が多いならその大学でも全然良いです。

とにかく、目標を決めればその後目標が変わってもその積み重ねは無駄にならないので頑張って!

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top