予備校生活楽しすぎwww浪人するも偏差値が落ちて慶応不合格

明治大学(文学部)に進学

落ちた大学・学部

慶応大学(文学部)

 

偏差値

受験時:68

(受験1年前:70)

 

大学受験失敗の理由

浪人をして、予備校の友達ができ、遊んでしまったから

 

新卒で入社した企業・職業

新聞社

 

大学受験時の詳細情報

現浪:浪人

文理:文系

得意科目:英語

苦手科目:世界史

1日の自習時間:2時間

大学受験の体験談

私は、中学も高校も私立の男子校に通っており、高校3年間勉強もそれなりにやっていたので、そこそこ成績はが良かったです。

現役時代は国立大学を目指していたのですが、残念ながら全て落ちてしまいました。

滑り止めで合格した私大もありましたが、ほとんどのクラスメイトが浪人をするので、私も浪人をしてみたいという気持ちもあり、大手予備校に通って一浪することにしました。

大手予備校では、入塾試験の結果がよかったため、東大を目指す国立コースに入れました。

初めて通った予備校は、講師の先生がとてもユニークで授業が楽しく、勉強をしているような感じがしませんでした。

これまで自分が教わった先生方とは、あまりにも異なる講師陣の濃いキャラクターに、毎日が刺激に満ちていて、「知識とは」「学問とは」などのウンチクを聞くにつれ、目からウロコが落ちる思いでした。

そして、私は講師の先生が授業の中で教えてくれる、幅広い知識や教養に興味を持ち、受験勉強そっちのけで、関連する新書や伝記などを貪るように読むようになってしまいました。

本当にたくさんの本を読んだ1年だったと思います。

当然、偏差値はみるみる落ちていきました。

そして、予備校では友達も増えました。

これまで6年間男子校に通っていたため、同じ教室に女性がいることは小学校以来です。

始めはどう話しかけていいかわからず、同じ高校の同級生とばかり話していましたが、同級生が別の女性の集団に話しかけたことをきっかけに、爆発的に女友達が増えていきました。

だんだん、決まった男女の集団がまとまるようになり、いつも一緒に行動する6人グループができました。

それからの予備校生活は毎日がパラダイスでした。

新しいお店ができれば、みんなで連れ立ってランチに行きました。

話が盛り上がれば、午後の授業をサボったこともありました。

そのままビリヤード場に行ったり、カラオケに行ったり、当時は未成年でしたが、そのまま飲みに行くこともありました。

そうしているうちに、同じグループの1人に僕はいつしか恋心を抱いてしまいました。

12月になり、受験対策は大詰めを迎える時期なのに、私はクリスマスに彼女をどこかに誘うかばかりを考えていました。

勉強も頭に入ってくるはずがありません。

そんな状態のため、偏差値は1年前より落ちてしまったまま、センター試験の当日を迎えました。

志望校は受かるはずもありません。

予備校に通った1年間は、私にとって遊んでしまった1年でした。

 

受験生へのアドバイス

できるだけ、現役のうちに合格するようにした方がいいと思います。

下手に浪人すると、予備校生活があまりに楽しく、よほど克己心がないと勉強を続けることができません。

誘惑に負けない心が大切です。

また、男子校や女子校出身の人は、小学校以来の共学に舞い上がってしまわないように注意しましょう。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top