「釧路公立大学」不合格体験談!浪人してでも東京の難関大学へ行けばよかった

北海学園大学(人文学部)に進学

落ちた大学・学部

釧路公立大学

 

偏差値

受験時:55

(受験1年前:40)

 

大学受験失敗の理由

もっと上を狙えば良かった!!

 

新卒で入社した企業・職業

ワタキューセイモア株式会社

 

大学受験時の詳細情報

現浪:現役

文理:文系

得意科目:英語・数学

苦手科目:生物・現代文

1日の勉強時間:7時間

大学受験の体験談

一言でいうと、

「もっと上を狙えば良かった!!」

です。

まだまだ新卒採用を重視している日本社会で大学の学歴、大学の地域はかなり重要だと卒業して5年経ちますが感じています。

私は北海道札幌市出身で大学も北海道の大学を考えていました。

そこで私が将来を深く考えずに大学を受験して失敗したことを就職活動時のことも踏まえお伝えいたします。

まず、今だから思える大学受験に失敗したことは、

①将来をもっと考えるべきだった

②努力すべきだった

③妥協しなければ良かった

以上3点です。

将来をもっと考えるべきだった

高校3年のとき、やりたい仕事がなく単純に大学に進学するかという漠然とした思いしかありませんでした。

あのとき将来自分がどのようなことを求め(主に仕事内容、年収、勤務地など)、どんな企業でどんなライフスタイルを送りたいかしっかり考えれば、もっと自分の選択肢は具体的に決めれたのかなと思います。

漠然とした気持ちで大学進学をし、大学生活を終え、企業に就職する、周りにもよくいました。

これはあとあと「自分はなんで大学行ったんだろう」とあとあと後悔するパターンだと思います。

努力すべきだった

1日7時間程度、しかも入試4ヶ月前から、今思うと有り得ないなと心底痛感しています。

自分の人生左右する、それくらいの意識で人生のほんの一瞬くらい本気でやろうという気持ちで取り組めばよかったと後悔しています。

周囲にあわせていた自分自身もいたので、そこはもっと貪欲に行けばよかったと心から思っています。

妥協しなければ良かった

私は大学は親が学費を払うものだと思い、奨学金の存在を知りませんでした。

というのはいいわけで結局親のお金で行ける範囲でしか大学を選んでいませんでした。

もしあのときに戻れるのであれば、奨学金を払ってでも一浪してでも、関東や近畿の有名大学に行っています。

私の住んでいる北海道は就職先も少ない優良企業も少ないです。

大学進学の時点で就職の進路も狭まっていたと思います。

 

総括するともっと自分の将来を大学進学のうちから真剣に考え、そこに進学するにはどうすれば良いか調べ、その目標に対してひたすら努力することが必要だと思いました。

たった1年ほどの大学受験の期間で大きく人生は変わると思いました。

また大学生活自体も地元で過ごすのと、地元を離れ一人で過ごすのではこれもまた大きく変わっていたと思います。

大学進学はなんとなくするものではなく、重複しますが、具体的な目標と強い意志の元、計画的に忍耐強く行っていくものだと痛感しました。

 

受験生へのアドバイス

ゴールを自分の将来、仕事、ライフスタイルまで考えた上で目標の大学を受験するべきだと思います。

それに向けて、浪人しても奨学金を借りてでも私は進学すべきだと思います。

「一生が一瞬で決まる」それくらいの気持ちで深く考えることが重要だと思います。

ピックアップ記事

  1. 中央大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部青山学院大学(法学部)法政大学(法学部…
  2. 近畿大学(経済学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(経済学部)京都産業大学(経済…
  3. 大手前大学(文学部)に進学落ちた大学・学部関西大学(社会学部)(経済学部)(文学部)…
  4. 國學院大学(文学部)に進学落ちた大学・学部中央大学(法学部)学習院大学(法学部)…
  5. 関東学院大学に進学落ちた大学・学部明治大学偏差値受験時:58…

アーカイブ

PAGE TOP
Top